アコフェス2018 KissFMKOBE

About

イベント概要

トアロード・アコースティック・フェスティバル2018
今年も春の神戸で、ライブサーキットイベントをおこないます! 三宮~元町間にあるトアロード界隈のカフェ、旧小学校、元キャバレー、ライブハウスを会場におよそ50組のミュージシャンが出演!リストバンドをつけて、各会場を巡りながら、心地よい音楽、神戸のロケーションを存分に楽しんでください!
開催日時
2018年4月15日(日)

リストバンド交換 当日11:00~/開場12:00/開演12:30

リストバンド交換所:東急ハンズ三宮店 6Cイベントフロア

※前日交換あり
4月14日(土)12:00~20:00 東急ハンズ三宮店 6Cイベントフロア

会場

神戸VARIT.

北野工房のまち

nomadika

ARTRIUM

スポルテリア

STUDIO KIKI

FLAT FIVE

クラブ月世界

チケット

前売3,500円(税込) 1Drink 別途600円

イープラスにて先行受付中

http://eplus.jp/taf2018/ (PC&モバイル)

※お申込みにはe+(イープラス)の会員登録(無料)が必要です。
※新規e+会員登録には携帯電話番号の登録ならびに、
 ショートメッセージ(SMS)による携帯電話認証が必要となります。
※お申込みは先着順です。予定枚数に達し次第、受付を終了いたします。
※お申込みはお1人様4枚まで。

lineで送る

Ticket

チケット情報

公演名
トアロード・アコースティック・フェスティバル2018
開催日時
2018年4月15日 (日)
  • リストバンド交換: 当日11:00~/開場12:00/開演12:30
  • リストバンド交換所: 東急ハンズ三宮店 6Cイベントフロア
  • ※前日交換アリ
    4月14日(土)12:00~20:00(予定) 東急ハンズ三宮店 6Cイベントフロア
会場
  • 神戸VARIT.
  • 北野工房のまち
  • nomadika
  • ARTRIUM
  • スポルテリア
  • STUDIO KIKI
  • FLAT FIVE
  • クラブ月世界
出演者
  • 広沢タダシ
  • 坂口有望
  • Chicago Poodle
  • アカシアオルケスタ
  • Michael Kaneko
  • THE SUPER BALL
  • 須澤紀信
  • 中村千尋
  • and more…(敬称略・順不同)
チケット発売日
2018年1月27日(土)
イープラス/チケットぴあ/ローソンチケット/神戸VARIT.

イープラスにて先行受付中http://eplus.jp/taf2018/ (PC&モバイル)

※お申込みにはe+(イープラス)の会員登録(無料)が必要です。
※新規e+会員登録には携帯電話番号の登録ならびに、ショートメッセージ(SMS)による携帯電話認証が必要となります。
※お申込みは先着順です。予定枚数に達し次第、受付を終了いたします。
※お申込みはお1人様4枚まで。

チケット価格
  • 前売3,500円(税込)1Drink別途600円

表示価格は税込価格です。
※リストバンド交換時、ドリンクチケット代別途600円ご用意ください。

整理番号
なし
注意事項

※リストバンド交換時、ドリンクチケット代別途600円ご用意ください。
※入場順は整列順となります。整理番号はありません。
※未就学児童は入場券不要 / 小学生から入場券が必要です。(12歳未満は保護者同伴でお願いします。)

Access

会場へのアクセス

アクセスマップ

クリックで拡大します

お問い合せ先:
アコフェス実行委員会(神戸 VARIT.内) 
TEL : 078-392-6655

  • 東急ハンズ三宮店

    〒650-0011 兵庫県神戸市 中央区下山手通2-10-1

    TEL:078-321-6161(代)

    リストバンド交換は
    ここで11:00~開始予定

  • 神戸VARIT.

    〒650-0011 神戸市中央区下山手通り2-13-3 建創ビルB1F

    TEL:078-392-6655

  • 北野工房のまち

    〒650-0004 神戸市中央区中山手通3丁目17-1(旧北野小学校 3階講堂)

    TEL:078-221-6868

  • nomadika

    〒650-0012 神戸市中央区北長狭通3丁目9-10 青柳ビル1F

    TEL:078-333-6680

  • ARTRIUM

    〒650-0012 神戸市中央区北長狭通2丁目7-12 PMPTビル3F

    TEL:078-331-3617


    スポルテリア

    〒650-0012 神戸市中央区北長狭通2丁目7-1 PMPTビル1F

    TEL:078-391-6633

  • STUDIO KIKI

    〒650-0004 兵庫県神戸市中央区中山手通3丁目2-2-1F

    TEL:078-332-5160

    営業時間:12:00-18:00(木・日)
    19:00-22:00(月・火・水・金・土)

  • FLAT FIVE

    〒650-0004 兵庫県神戸市中央区中山手通2-3-19 B1F

    TEL:078-392-8638

    月~日、祝日、祝前日: 18:00~翌1:00
    (料理L.O. 翌1:00 ドリンクL.O. 翌1:00)

  • クラブ月世界

    〒650-0011 神戸市中央区下山手通1-3-8 月世界ビル

    Tel078-331-6540(月~金 12:00~20:00)

  • BO TAMBOURiNE CAFE

    〒650-0012 神戸市中央区北長狭通3-3-7

    TEL:078-332-2778

  • niji cafe

    〒650-0011 神戸市中央区下山手通4-1-19 西阪ビル2F

    TEL:078-392-5680

Notice

イベント注意事項

ご入場について

  • 1枚のチケットでVARIT./北野工房のまち3F(旧北野小学校講堂)/nomadika/ARTRIUM/スポルテリア/STUDIO KIKI/FLAT FIVE/クラブ月世界にご入場いただけます。
  • チケットはまず、リストバンド交換所となっています東急ハンズ三宮店6Cイベントフロアにお越し頂き、そちらでリストバンドと引き換えていただきます。リストバンドをお見せいただければ、すべての会場を自由に行き来できます。尚、整理番号はありません。リストバンド交換は先着順でおこないます。
    ※アコフェス大好き!先行チケットをご購入の方は、後日郵送するパスをご持参いただき、お目当てのアーティストが出演する会場へ直接足を運んでください。チケットからリストバンドへの交換はその会場でおこなってください。
    共にリストバンド交換時にドリンクチケット代別途600円をご用意ください。
  • リストバンドは必ず手首にはずれないように巻いてください。チケット及びリストバンドは紛失されましても再発行は致しかねますので、ご了承ください。
  • 入場時にお渡しするドリンクチケットは、VARIT./nomadika/ARTRIUM/スポルテリア/STUDIO KIKI/FLAT FIVE/クラブ月世界にてお使いいただけます。
  • 未就学児童は入場券不要ですが、混雑時はご入場をお断りすることもございますので、ご了承ください。(※小学生以上の方は入場券をご購入ください)また、12歳未満の方は保護者同伴でご入場くださますようお願いします。
  • 会場の状況により、入場規制をさせていただく場合がございますのでご了承ください。お目当てのアーティストが見られなかった場合でもチケットの払戻しは一切いたしません。各会場、入場規制の発生時以外は当日に限り何度でも再入場可能ですので、是非すべての会場に足をお運びいただき、イベントとトアロード界隈の空間を存分にお楽しみください。
  • 公演当日は、公共の交通機関をご利用いただきますようお願いします。違法駐車、及び近隣住民への迷惑となる行為は絶対におやめください。

会場内について

  • カメラ、カメラ付携帯電話、ビデオカメラ、テープレコーダー等の録音・撮影機器による許可のない出演アーティストの撮影/録音は一切禁止します。このような行為が発覚した場合は、機器を没収した上、退場していただきます。
  • VARIT./北野工房のまち3F(旧北野小学校講堂)/nomadika/ARTRIUM/スポルテリア/STUDIO KIKI/FLAT FIVE/クラブ月世界への飲食物、法律で禁止されている危険物等の持込みは一切禁止いたします。
  • 手荷物、貴重品の管理は各自で行なってください。会場内外で起こった事故・盗難等は、主催者、アーティスト、会場は一切責任を負いません。
  • 住宅地に隣接した場所もございますので、会場周辺でのたむろや大きな声でのお話はご遠慮ください。
  • 会場内外において、他のお客様のご迷惑になるような行為を行なったり、スタッフの指示に従わない方については、強制的に退場していただきます。その際、チケットの払戻し等は一切致しません。会場内外で事故や事件、傷害等を起こされた場合については、当事者間で問題解決をしていただきます。お客様間のトラブルに関しても、主催者はその協議等、問題解決には一切関与致しませんので、予めご了承ください。

その他

  • タイムテーブルは、各会場の進行状況やその他の事情によって時間にずれが生じる場合がございますのでご了承ください。
  • 諸事情により出演キャンセルがあった場合も、その際のチケットの払戻しは一切いたしませんので、ご了承ください。

Archive

過去のイベント

トアロード・アコースティック・フェスティバル2017(2017.4.16開催)

2017年度版タイムテーブルを表示

4月16日、異国情緒漂う神戸を代表する街「トアロード」を舞台にしたライブ・サーキット・イベント『トアロード・アコースティック・フェスティバル2017』が開催された。"街に出会う、人に出会う、音楽に出会う"をキーワードに、ベテランから新人までメジャー・インディーズ問わず50組のアーティストが集結し、ライブハウスや界隈のカフェ、旧小学校など8つの会場で実施されるKiss FM KOBE主催、春の恒例イベント。今年も上白石萌音や河口恭吾、wacciなど人気アーティストも登場し、大いに盛り上がりをみせた。

ライブハウス「VARIT.」ステージでは、同局のサウンドクルーとしても活躍する藤原岬がボーカルを務めるアカシアオルケスタが昨年に続きトップバッターとして登場し、センセーショナルな歌詞で話題を集める西宮市出身のシンガーソングライター・あいみょんが力強い歌声で観客を魅了するほか、ワクワクロックンロールバンド「ワタナベフラワー」はパワフルなパフォーマンスと観客いじりで笑いと熱狂の渦を巻き起こしていた。会場に入りきれんばかりの観客を集めたのは、映画『君の名は。』でヒロイン・三葉役の声を務め、主題歌の一つ「なんでもないや(movie ver.)」のカバーでも有名な上白石萌音。同曲をはじめ、 HYのカバー曲「366日」などを披露した。

一番大きな会場となった「北野工房のまち」ステージ、『フランスパンのうた』では観客が持参したフランスパンを掲げるなど大いに盛り上がりをみせたD.W.ニコルズ、名曲「桜」や「ただいま」を披露し穏やかで優しい歌声を響かせた河口恭吾、MONGOL800とのコラボ曲「ひとりじゃない」や人気楽曲をアコースティックバージョンで披露したSOFFet、伸びのある歌声で魅了するほか軽妙なトークで笑いを誘った関取花が登場。ラストには、福山雅治主演の月9ドラマ『ラヴソング』での出演でも話題となったLeolaが“太陽の声”と称される歌声を披露し、会場は温かな雰囲気に包まれた。

そのほか、「スポルテリア」ステージでは心に語りかけるような歌声の南壽あさ子やオカダユータ、瀬川あやかなど6組、「nomadika」ステージでは満員の観客を前に代表曲「大丈夫」を披露したwacciや神戸発のアコースティックデュオ・にこいちなど7組、入場無料で観覧できる東急ハンズ三宮店でのインストア・フリーライブでは今村モータースら6組が出演するなど全8会場で様々な音楽が鳴り響いていた。イベントのトリを飾ったのは、3人組ロックバンド・カラーボトルとポップデュオ・Salley。魂で歌い上げる圧巻のパフォーマンスを披露したカラーボトルは、最後に「情熱のうた」を観客と合唱し会場一体となってVARIT.ステージを締めくくった。nomadikaステージでトリを飾ったSalleyは、キュートで奔放なキャラクターが魅力のボーカル・うららのクリア歌声でしっとりとした雰囲気の中、幕を閉じた。チケット完売で迎えた当日は、会場によって入場規制がかかるほどの大盛況で、翌日以降同局には「目当てのアーティスト以外に素敵なアーティストを知れるきっかけになった」「1人でたくさんのアーティストが見れて良かった」など参加者からの感想が多数寄せられていた。

トアロード・アコースティック・フェスティバル2016(2016.4.17開催)

2016年度版タイムテーブルを表示

"街に出会う、人に出会う、音楽に出会う"をキーワードに、ベテランから新人までメジャー・インディーズ問わず約50組のアーティストが集結し、ライブハウスやカフェ、イベントスペースなど7つの会場で実施。前売りチケットも完売し、会場によっては入場規制が生じるほどの大盛況となった。

ISEKI(ex.キマグレン)がスターティングアクトとして出演したライブハウス「VARIT.」では、セカイイチや大石昌良らがライブを披露し、トリにはシンガーソングライター・さかいゆうが登場。唯一無二の歌声とも言われるオリジナリティ溢れるサウンドで観客を魅了した。開放感あふれる会場・SPORTEREA(スポルテリア)では、YouTubeへの動画投稿をきっかけにデビューした山根万理奈や、ストレートな歌詞で話題を集めるあいみょん、神戸を拠点に活動するサーカスフォーカスなどが出演し、アメリカンな雰囲気が漂うBO TAMBOURiNE CAFEでは、抜群の歌唱力と存在感を放つ岩崎愛や、関西主要イベントにも毎年出演している今村モータースなどが会場を盛り上げた。

ドラマ「隠蔽捜査」や「37.5℃の涙」の主題歌にも起用され注目を集めたwacciや、“泣ける”と反響を呼んだNHKみんなのうたオンエア楽曲「日々」などで知られる吉田山田、ドラマ「ラスト・シンデレラ」の挿入歌、「僕のいた時間」の主題歌で知名度を上げたRihwa、“10万人が足を止めた魔法の声”と言われ昨年10周年を迎えた奥華子など、豪華ラインアップとなった北野工房のまちステージの最後には、ラストを締めくくるに相応しい岡本真夜が登場し、デビュー曲「TOMORROW」も披露された。

さらに今回は入場無料で観覧できる「インストア・フリーライブ」も「東急ハンズ三宮店」「タワーレコード神戸店」「HMV三宮VIVRE」の3店舗で実施。東急ハンズでは、“ワクワク・ロックンロールバンド”「ワタナベフラワー」のボーカル・クマガイタツロウがメインMCとして盛り上げるほか、各会場ではイベント出演者によるライブが披露された。同イベントには幅広い年代が参加し、しっとりと聴き入ったり、各会場で販売されているフードやドリンクを楽しみながら観賞したり、手拍子や掛け声で盛り上がったりと思い思いに楽しんでいた。フリーライブを含む全11会場で様々な音楽が鳴り響き、神戸の街が音楽で溢れる1日となった。

熊本県を震源とした九州での地震を受け、一時は中止も検討された同イベント。しかし、神戸は阪神・淡路大震災で震災を経験し、その時に被災した人々を励まして神戸市民の“心の一曲”となった「TOMORROW」を歌う岡本真夜をはじめとする出演者によって「神戸から音楽のチカラを発信してエールを送れたら」との思いで開催された。

トアロード・アコースティック・フェスティバル2015(2015.4.19開催)

2015年度版タイムテーブルを表示

4月19日(日)神戸市中央区のトアロード周辺で「トアロード・アコースティック・フェスティバル2015」(Kiss FM KOBE主催)が開催された。総勢57組ものアーティストがトアロード周辺のカフェやライブハウスなど7会場を舞台に、アコースティックスタイルのライブを行った。

14時半、会場の1つ「nomadika」にシンガーソングライター・森大輔が登場した。拍手で迎えられると、しっとりとしたメロディに切ない歌詞を乗せた楽曲「Crazy 'bout you」や「Rain」などを披露。観客たちはその甘い歌声を聴き入りながら手拍子を送る。加古川から来たという30代の女性2人組は「森大輔さんは以前ラジオイベントに出演しているのを見て気になって来た。この後もたくさんのアーティストを見たいので、どこを巡るか2人で作戦会議をしている」と笑顔で語った。

15時からは「北野工房のまち」のステージに浜端ヨウヘイが登場。身長192センチの体にギターを抱え、Kiss FMの『HOTRAXX』にも選ばれた「結-yui-」や、重く聞かせるバラードナンバー「無責任」、神戸から地元京都に帰る電車で作った楽曲だという「むかしのはなし」など旧体育館のフロア全体に力強い歌声を響かせた。

ライブハウス「VARIT.」では藤原さくらが満員の観客の前に立っていた。強烈な歌詞が印象的な「ラタムニカ」や、荒井由実「ひこうき雲」のカバー、ドラマ挿入歌「Just one girl」などを歌い上げる。

再び「北野工房のまち」に戻ると、吉澤嘉代子がスカートをくるりとなびかせながら姿を見せた。どこか懐かしさも感じさせる楽曲に個性的な歌声・世界観を持ち味とする彼女は、「未成年の主張」「ブルーベリーシガレット」を立て続けに演奏。「チョベリグ」では歌詞の一部を「アコフェス」や「神戸」に変えて歌う特別サービスも見せた。最後は「幼い頃魔女になりたかった」という想いを込めて作ったという「ストッキング」でステージを締めた。

トアロード・アコースティック・フェスティバル2014(2014.4.20開催)

2014年度版タイムテーブルを表示

総勢49組が参加したトアロード・アコースティック・フェスティバル2014。ライブハウス「神戸VARIT.」ではトップバッターとして「アカシアオルケスタ」が元気よくステージに登場。今回各参加アーティストには「自分のルーツになる1曲を取り上げること」がルールになっており、アカシアオルケスタのボーカルであり、Kiss FM KOBEのサウンドクルーでもある藤原岬は“サウンドクルーになれたきっかけの曲”として「エナジー」を熱唱。多くの来場者が詰めかける中、全6曲を披露した。

普段はカフェとして親しまれている「BO TAMBOURiNE CAFE」では14:25から吉澤嘉代子が登場。個性的な楽曲でノリの良い弾き語りライブを披露。新曲「美少女」やルーツの曲として路上ライブでの思い出の曲「東京絶景」を歌い、外に溢れ出た来場者も聞き入っていた。

旧北野小学校を商業施設としてリニューアルさせた「北野工房のまち」では15:30から指田郁也のステージが行われた。フィギュアスケートの羽生結弦選手とのコラボレーションで広く知れ渡った「花になれ」を熱唱。伸びやかな歌声に来場者も感動の拍手を贈っていた。

大阪と東京からやってきたという2人組の女性は「FUNKISTが目当てできました。普段はパワフルなライブですが、いつもと違ったライブが観られそう。初めて見るアーティストや、いつもはバンドだけど1人でのステージなども楽しみ」と期待を寄せた。男性2人組は「神戸らしいおしゃれな会場が多いので巡っていて楽しい。スポルテリアは席に座りゆったりライブが観られてよかった」など感想も上々だった。